通学に使っていたバスのバス停に貼られていた求人の広告。それが風俗のアルバイトを始めたきっかけでした。私が通っていたのは女子大で、バス停の付近に風俗のアルバイトの求人広告がさりげなく貼られていました。
だから、あまり抵抗感は無く、「時給がいいね!」と友達と話し、ちょうど合宿費が必要になっていたので、広告にあった電話番号に電話しました。

電話の印象が良かったので、指定された時間に面接に行き、採用されました。お店の雰囲気が洒落ていて、気に入りました。

アルバイト初日は、さすがに緊張して、ほとんど喋れませんでした。でも、それが初々しいと言ってもらえ、少しずつリラックスして、お客様とお話しできるようになりました。
初日のアルバイトが終わった時は、肩が凝っちゃって、気を使うお仕事なんだなと思いました。

お客様の話に応じた対応をするには、笑顔を忘れず、あまり自分のことを喋ろうとしないで、お客様の話を聞いて、受け止める姿勢が大切なんだなということを、先輩方の様子を見ていて思いました。
お客様は毎日の生活の疲れを癒しに来店されるんだということも次第に分かってきました。

風俗のアルバイトは、時給がいいけど、それはおもてなしの心を磨いてこその対価なんだなと思います。

njreyretyjyuj

現代では医療の技術が進んだおかげなのか、100歳まで生きる人が多くなってきていますよね。
さすがに、僕は100歳以上生き延びるんだったら、健康な状態で生きていたいなと思います。

そして、もし可能なら100歳を過ぎても彼女とエッチしたり風俗通いしたいですね~
風俗とかデリヘルの求人には年齢制限があって、特に理由は書いてありませんが、自ずと納得できます。

僕はよく繁華街に行くことが多いので、例えば会社勤めのサラリーマンや学生さんとすれ違うと、
よくこんな年齢で働いているなとか、この学生くらいの年頃に戻りたいな~

そういったことを考えながら歩いています。また、大通りに面したバス停に乗っていると、
高齢者の方に席を譲るのが常識だとは思うのですが、つい寝たフリをしてごまかしてます。

要するに、僕はまだ20代前半で大人といえども常識がまだ身についていないので将来のことが不安なのです。
健康でいられるためには体力づくりが大切と教えられているので、時々山登りもしますが、
きちんとした挨拶もまともにできないんですよね~まあ、最近は山ガールが増えているから、
登山をきっかけに彼女を作る目的で挨拶の練習を行うのも悪くはないと思います。

まだ自分は若いという意識があるので、30代、40代になるまでにはこうなりたい!
という目標はちゃんと持っていますが、100代ともなると想像もつきませんね(笑)

デリヘル求人 かわいい熟女求人情報